『一気』ではなく、『少しずつ』


私自身あまり食べ物の好き嫌いがなく、なんでも食べるんですが、彼はかなり好き嫌いが多く、
料理を作る時もかなりの制限をしないといけませんでした。

まずは魚がだめ。なので練り物もだめです。食べれるけど、魚が入ってると言うだけでだめなのです。
最初は鳥のつみれにはんぺんを細かく入れてわからないようにしたらおいしいと言って食べたり、
野菜も好き嫌いが多いのですが細かく入れてわからなくしたりと工夫しました。

ある日定食屋に入ったのですがサラダの中にキュウリが小さく入っていたので
彼苦手だなと思ってたのですが、次に観た時にはサラダがなくなっていたので
「あれ?サラダ全部たべたの?」と聞くと「うん。」と返事。
「キュウリ入ってたのにたべたの?がまんしたの?」と聞くと「気付かなかった」というのです。

結局魚だと認識したり、野菜だと認識する事での苦手意識が強く、
味自体がだめって事もないものがあるという事。
それからは勝手に入れる「残すなら残して良い」というスタンスにしました。
すり身をハンバーグに混ぜても「食べれたね」など一切言いません。

アレルギーではないただの好き嫌いなので黙ってスパルタ食育をしています。
食べず嫌いなものを減らしていけたらいいなと思っています。










ブルーレイ リッピング

モバイルバッテリーの充電器

先日彼と深夜ドライブに出掛けたのですが、綺麗な夜景の見える峠から帰る途中の山道で車のバッテリーが上がってしまい動かなくなってしまいました。
ロードサービスの方は迅速に対応してくれましたが、それでも待ち時間は1時間以上です。
しかも彼は会員ではなかったようなので1万円以上お金が掛ってしまいました。

以前車検に出しに行った時についでにカーショップを見て回って、店員さんに「ジャンプスターターを車に載せておいた方がいいですよ」と詳しくメリットとデメリットを説明していただいたのに彼は「そんなの使わないからいらない」と突っぱねたんです。
彼はあの大きさと重さが邪魔になってしまうし嫌だと思っていたみたいですが結局この有様・・・
もちろんこの後「あの時買っておけばよかった」と彼がかなり後悔していたのは言うまでもありません。

ロードサービスのお世話になったのが相当悔しかったようでその日帰ってからすぐネットで必死にジャンプスターターを探し、先日通販で購入したものが家に届きました。

思っていた大きさや重さではなくかなり軽量でサイズもスマートフォンくらいだったのでかなり驚きました。
本当にバッテリー上がりの解決に役立ってくれるの?と疑っていましたがちゃんとジャンプスターターの役割を果たしてくれるみたいです。
説明書などを読んでみるとモバイルバッテリーの充電器にもなるみたいですし。
私が使っているモバイルバッテリーの充電器はフル充電約4回分となると結構な重さと大きさだったんですが、彼が購入したモバイルバッテリーの充電器は色も可愛くて私も少し欲しくなりました(笑)

DRM技術への批判的な意見

DRMとは、デジタル著作権管理 (Digital Rights Management)のことです。
そのDRM技術は便利ですが、DRM技術に対して批判的な意見を述べる人もいます。
その批判的な意見についてご紹介をします。

・恒久的な再生が保証されていない
DRM技術のほとんどが特定のメーカーによって定められ、その技術的詳細が一般に公開されていないことから、そのメーカーやサービスが活動を停止した際に、購入したコンテンツが将来にわたっても利用可能なのかが必ずしも担保されていない。
また、再生機器を買い換えた場合にデータの移行が出来ず、それまでに購入したコンテンツが利用できなくなる場合もあります。

・消費者の権利に対する制限
DRMはその技術的特性により、違法な複製以外の利用(著作権法によって認められている範囲での私的複製、抜粋、データの編集)も制限することが多いのです。
このため、DRMは購入した製品を自由に使う消費者の権利を奪っているとの主張もあります。
個人の私的利用を許可するDRM技術は現在のところ存在していません。
このような事からDRMは著作権の保護より消費者の権利を「制限」することが本質であり、「Rights」という言葉は一種のプロパガンダであるとして、DRMを「Digital Restrictions Management(デジタル諸制限管理)」と呼ぶべきだとの意見がフリーソフトウェア財団(FSF)といったところから上がっています。

DRMを解除せずに永久視聴

無料でも有料でも期間限定配信の動画にはDRMがかかっていることが多いです。例えばGyaOの動画は無料で視聴できますが、1週間くらいするとダウンロードしていても再生できなくなります。同様にDMMの動画を購入しても期限を過ぎると再生できなくなります。これはDRMという仕組みを採用しているからです。ファイルを起動する際にサーバーにアクセスして日時をチェックしているわけです。


DRMを解除してしまうのは問題があるので、ここでは別の方法をご紹介します。解除せずに永久視聴するには、画面をキャプチャするか、DRMを解除せずに保存するソフトを使うしかありません。画面のキャプチャは簡単ですが、パソコンのスペックによってはカクカクしたり音ズレすることがあります。でも解除をしないソフトを使えば、ビデオメモリを直接参照して、新しい動画を作成するのでスペックにほとんど依存しません。また、動画のデータをそのまま用いるので高画質保存が可能です。


何よりも完全に合法というのが嬉しいですね。誰にも気兼ねすることなく何度でもムービーを視聴できるのですから。期間限定のムービーは是非こういう方法でPCに保存しておきましょう。

DRM技術の仕組みとは

DRMを実現する仕組みには様々なものがあり、その機構はコンテンツの形式や利用形態によって異なるが、ユーザが特定の再生ソフトウェア(iTunesやWindows Media Player)を使い、暗号化されたコンテンツを復号しながら再生する方式が一般的とされています。
暗号化に使われる鍵(キー)は再生ソフトウェア内に隠されているか、あるいはネットワーク上からダウンロードされることが多いです。
この再生ソフトウェアがユーザのコンテンツ利用を管理するため、利用期間の切れた後には再生不能にするといった処置が可能になります。
しかし、この方法では暗号方式や再生ソフトウェアの内部構造がリバースエンジニアリングによって知られてしまうと、これらの制限を迂回するようなプログラムが作成できてしまいます。
この行為はシステムを破るという意味で「クラック」とも呼ばれ、DMCAはこのようなリバースエンジニアリングを法的に禁止するための強制力をもった法律です。

初期のDRM技術として知られているものに、DVDの映像信号を暗号化する CSS があります。
CSSでは、再生ソフトウェアに埋め込んだ固定鍵を用いる単純な暗号化を使っていたため、リバースエンジニアリングにより鍵が一般に知られてしまってからは、ほとんどその実効性が失われています。
Windows Media Player形式といった最近のDRM技術ではネットワークから鍵をダウンロードするものが多いです。

デジタル著作権管理ってなに

デジタル著作権管理 (Digital Rights Management)の略称であるDRMをご存知でしょうか。
電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説)の無制限な利用を防ぐための技術の総称とされています。

DRMは、映画産業や音楽産業といったコンテンツ供給者は、著作権益を保護するためにDRMは必要であると主張されています。
日本国内では、DRMを回避するハードウェアやソフトウェアの流通は不正競争防止法の規制対象であり、米国ではこれに加えてソフトウェアやハードウェアの改造やリバースエンジニアリングの行為そのものがデジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とされています。

DRMは、データとそのデータを再生するプレイヤーソフトの双方が対応していて初めて実現できる仕組みであることから、特定のソフトウェアに依存したものになりやすいです。
現在、Yahoo動画、Gyao、DMM、BIGLOBEストリーム(みんなでBIGLOBEストリームを除く)といった様々な動画サイトでWindowsメディアテクノロジーに拠るDRMが採用されており、それらのサイトはLinux、Mac OSでは視聴することが出来ません。
Quicktimeに依存したDRMを採用しているiTunes Storeで購入したDRM付き音楽は、QuicktimeをインストールしていないWindowsでは視聴することが出来ません。

DRMの技術は身近で使用されているので探してみてはどうでしょうか。

DRMとは

DRMとは、「デジタル著作権管理 (Digital Rights Management) 」の略称です。
電子機器上のコンテンツ(映画や音楽、小説)の無制限な利用を防ぐための技術の総称とされています。

基本的には、オリジナルのデータを秘密の符合方式によって記録し、特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者による複製や再利用を難しくする技術です。
コピーガード技術の一種とみなす場合もありますが、コピーガードはメディアの物理的特性を利用してコピーを制限するのに対し、デジタル著作権管理は純粋なデジタルデータとソフトウェアを使って、同一のデータをコピーできても再生や閲覧が不可能になるように設計されたものを言います。
インターネット映像販売において世界で70%のシェアを持つWindowsMediaDRMやiTunes Music Storeから導入されたQuicktimeフォーマット向けのFairPlay、PDF向けのAdobe LifeCycleがその代表例とされています。

デジタル化されたコンテンツは複製しても品質が劣化しないことから、元ファイルから制限無くコピーを生成することが出来ます。
デジタル著作権管理技術では、コンテンツ本体とは別にその再生に不可欠な鍵となるメタデータを用意し、特定のユーザだけにそのメタデータを渡します。
鍵となるメタデータを持たないユーザはコンテンツ本体だけを持っていても再生できず、またメタデータは再生するコンピュータやユーザに一意に対応するため、結果として無制限な複製が抑制されることを狙いとしています。

「響」をダウンロード保存する方法
音楽DVDのプロテクトを突破!『EXILE ATSUSHI Premium Live ~The Roots~』編